ヴィッツ 値引き

MENU

ヴィッツ値引きの為の残価設定ローンのメリット

ヴィッツの現金一括購入のメリットは以前は値引き率がいい価格を下げてもらいやすいということがあったのですが、今や値引きはローンを組むときと比べてみてまけているといわれています。
そして、現金一括で支払ってもらうメリットがディーラーにないからと言われているのですが、それは実は販売店によりけりであり、まず交渉してみてください。
そして何よりのメリットは余計なお金がかからないといったことで、どうして相手がローンを組ませたいのか考えてみれば手数料目当てなのがわかるでしょう。
そして長いローンならば金利もばかにならないので、そうした面で一番お得なのが現金払いです。
そして、ヴィッツの現金一括購入のデメリットは、すすめられるローンなどにしたときにしてもらえる値引きはないといったことです。
そして現金で全部払うので、安くしてといってもそれほど値引いてはもらえないです。
しかし、実際その?メリットをカバーするほどローン金利が高いとも言われています。
値引きが少ないということは大きなデメリットになるのかといったこともポイントです。
そして、手持ちのお金がしっかり用意できればやはり現金一括が大事です。
そして金利を支払ったら値引きされた分オーバーするといったケースは結構ありますから、もしも払えるならば払ってください。
ですが、そうすると預貯金の余裕がなくなり不安だったりしますから、無理に一度支払っていくほどのメリットはないのです。
そして、良くも悪くもヴィッツを購入するときは無難な支払方法といったことです。
そして、残価設定ローンのメリットはやはり一時期コマーシャルでも見たように新車を安く乗れるといったことですが、これはどうしてかといえば車両価格の一部をあらかじめ残価=3〜5年後の下取り価格をかかっくから引き、残りをローンにして支払っていくためです。
つまり、新車は価格が200万円で下取り価格が100万円とすると、ローン設定されるのは100万円分は半額になります。
ですから、月々のローン額はとても低く抑えられます。
そして、残価を設定した時期が来たときは車は返すか、別の車にするか、残価分を腹ってしっかり自分のものにしていくかが選べますから、なんとなく迷っている方はそちらの面でもメリットがあるでしょう。

そして、残価設定ローンのデメリットで利子の面ですが、残価にも金利がかかりますので、通常ローンより総合計の支払額は増えてくることももちろんあります。
そして、月々の支払額が低くて、長く支払ってみると超過してしまうことです。
期限が来た時に必ず書いとるならば実はあまりお得ではないといえます。
そして、残価設定ローンでの購入は、今はまだその車にずっと乗るか決めてないといったことや多少総額が高くなっても月々のローン返済額が低い方が払いやすいといったことのような傾向の方は、残価設定ローンのほうがメリットがあるといえるでしょう。
こうしたことをしっかり学習しておくことは大事です。

ヴィッツは最良の車!

二代目のヴィッツRSにのっています。
購入を決めた理由は、デザインに一目惚れしたためです。

 

最近の燃費や小回りのいい車は女性を意識しているのか、可愛すぎる気がします。

 

確かに、かっこよすぎたり無骨なデザインの車は女性として選びずらいです。
丸みがあり、色もデザインも可愛らしい車の方が選びたくなる気持ちもわかります。
しかし、あまりのコテコテのデザインに、あえて違うものを選びたくなってしまったのが本音です。

 

私が乗っている二代目ヴィッツRSは、初代のデザインを引き継いでいます。
ギリシャ人デザイナーが手がけたというそのデザインは、一言で言うと、とても品がよいのです。
小さいコンパクトカーであるにも関わらず、可愛らしすぎず、無骨でもない。
最近街でよくみかけるような、未来的な斬新すぎるデザインでもないのです。
ただただ、品が良くて、どこにいっても恥ずかしくないデザインなのです。
そのためか、ヴィッツは、レンタカーを借りた際に当たる率も高いし、営業車としてもよく見かけます。

 

個性がないデザインという方もいるようですが、あまり車を買い替えず、何年も長年に渡って使用しようと考える者にとっては、その品のよさや個性のなさがとてもよいのだと思います。

 

車内に関しては、とても広いです。
コンパクトカーであることを忘れてしまうくらいの広さです。
私はまだ独身ですが、先日身内の子どもを二人乗せるためにチャイルドシートを二台設置しました。
どちらも三歳前後なので、結構大きめなチャイルドシートだったのですが、余裕で二台設置できたことには驚きました。

 

また、先日、車内に災害に備えた避難グッズなどを乗せました。
最近は何かと地震や自然災害が多く発生しています。
いざという時にすぐに逃げ出せるようにと、非常食や衣類、アルバムなどの品を乗せました。
ちょっとした量の荷物になりましたが、車内が広いため全く圧迫感がありません。
地震や自然災害が頻繁に発生している現代社会において、非常時の品物を積んでおきながらも、日常生活を送るのに支障のない車というのは重要だと思います。

 

燃費もいいと思っています。
私は割と信号が多く、渋滞が発生しやすい道を通ることが多いのですが、それでも燃費が悪いと感じたことはありません。

 

内装に関しては、シンプルですが、飽きが来ないデザインのため気に入っています。

 

ヴィッツにのっていて、気に入っていることの一つに遮音性が高いことがあります。
私はよく、ドライブをしながらカラオケのように大声で歌うのですが、音漏れしません。
音漏れすると恥ずかしいので、車内で大音量をかけて音楽を流し、外にもれるか弟と実験したのですが、全然漏れて来ませんでした。
また、外部の音も気になりません。
おかげで、ヴィッツの中はストレス発散できる大切な空間となっています。

 

長く乗るには最良の車と出会えたと考えています。
これからも、ヴィッツといろんなところにドライブにいって、ヴィッツ生活を楽しむつもりです。

日産ノート。初めての新車で値引き交渉。

 「日産ノートに買い替えよう・・・」そう家族に告げたのは師走の事でした、有名中古車チェーン店で購入した自動車が続けて調子が悪く、

 

1台目は買って2年間で7回故障で入院

 

2台目は買って1ヶ月で足回りの異音と故障で入院
その後2回整備の見落としで計3回の入院

 

となってしまいました。

 

どちらも補償範囲内・保証期間内でしたので修理代が掛る事はありませんでしたが、やはり故障が続くのは心に悪く、自動車に乗っていてもいつも不安との戦いでした。

 

そして、買って一年後の年末にまたも故障・・。これは翌年以降に持ち越すのはよくないと思い家族で相談しました。

 

中古は前オーナーの管理方法や中古車販売店のメンテナンスで当たり・はずれが激しいので今回は新車で日産ノートを買おうと言うことになりました。

 

今回候補としてしていたのは家族全員で雪山に行っても荷物がすべて詰める大きさの車でした。

 

〜1週目〜

 

メーカー違いで3種類に絞り選ぼうということになり、見学と試乗しに行き2種類のメーカーに絞る事が出来ました。 ただここからが大変・・・・。

 

 いままで新車を購入したことが無いでも≪みんな値引きとかしてるみたいだし≫どの程度してもらえると適正価格なのか≪損はしたく無いし≫≪高い買い物だし≫と悩みのスパイラルに入ってしまいました。

 

なので、メーカーに価格提示して頂く前にインターネットで値引きや金額など適正な所がどこなのか調べました。
(ただし、あくまでもインターネットなのでその価格が絶対ではありません参考程度です)

 

〜2週目〜

 

この段階である程度欲しい車は決まってきてるかとと思いますので、その車が事前に調べた見積もりにどれだけ近づける事が出来るかが大事になると思います。
(やみくもに安くしようとすると嫌がられてしまうので、そこがかけひきとなるかと思います、代理店さんは長い付き合いになっていきますので)

 

安くするポイントとしては

 

・自動車自体の価格
・オプションの価格
・ローン金利
・購入後のメンテナンスに掛る費用

 

この4つをトータルで考えました。

 

そして、一番欲しいと思う自動車の ”販売代理店” に足を運び ”なるべく必要なオプションを付けた価格” で見積もりを出してもらいました。

 

その次に違うメーカーに行きどのメーカーも同じようなラインナップの車がありますので、一番欲しい車と同じ装備内容で見積もりを出してもらって下さい

 

その後にメーカー独自のオプションがあればそれも別でもらっておくと便利です。

 

以外に自動車を見積もり取るのは時間が掛り疲れるので1日目はここで終わります。

 

 

その次行く時が勝負です。

 

次は欲しい車のお店の【直営店】に行ってください。

 

※代理店と直営店では売り上げになる会社が違いますので同じ看板の販売店でも値引きなどで出来ることが全く違います。

 

どちらかと言えば直営店の方が車体は値引きできるが工賃が高い・手数料が高い
代理店の方は車体はあまり下がらないが工賃や手数料で値引いてくれます。

 

そこで今までとった見積書と見比べながら、交渉していきます。

 

(これをすべて同じ日に行ってしまうと疲れてしまい正常な判断が出来ませんので一日帰って休んでから行くことをおススメします)

 

あとは予算と事前に調べた適正価格に近付けるために2つ又は3つある見積書を見ながら、車体とオプションの価格・作業料の金額に ”変な所” が無いか見比べながら決めていきます。

 

変な所とは・・。

 

車体が安いけど、オプションの値引きが少ない日産ノートを購入するにあたって掛る手続きの費用
が高いなど見積書は本当にうまく作られていますので全体的に見て決めましょう。

 

そして自分が決めた時は
一番欲しいお店の【代理店】で決めました、理由は

 

・車体は一番高い値段でしたが、オプションをサービスで付けてもらい相対的にみると
他と変わらなかったこと。

 

・ローン金利が安く全体的な支払いが抑えられたこと

 

・ちょっとしたことですが維持するために掛る洗車やタイヤの保管費用等が安く維持メンテナンス費が抑えられること

 

をトータルで判断しました。

 

 

高い買い物になります、少しでも多く日産ノートを値引きしてもらいお得に購入するためには多少の努力と時間は必要です、話術や技術もあるかもしれませんがいきなりは出来ないので、、、。

 

一度買うとそのディーラーとは長い付き合いになります、2度目3度目は顧客にはもっといい条件も出てきます、今後を見据えてお互い笑顔で良い買い物をしましょう。

更新履歴