ヴィッツ 中古車

MENU

ヴィッツSP13は中古車 でもいい!!

私は、燃費の良いヴィッツの中古車を7年近く乗っていました。走行距離は、100,000kmを越えました。しかし、調子の悪い所はなく、むしろ好調に走っています。

 

仕事の関係上、車を持ち込んで1日約100kmの距離を走行することが多いため、燃費の良い車を探していました。そんな時に、知り合いからヴィッツの中古車を譲ってもらい、乗ることになりました。譲り受けたときには、すでに19,000km走行していた状態でした。

 

このヴィッツは、平成16年式の中古車で、SP13といいます。エンジンの大きさは、1,300ccです。

 

中古車というと、あまり良いイメージは持っていませんでしたが、定期的にメンテナンスを行えば長く走行が可能です。

 

エンジンオイルは、3,000から4,000km以内で交換し、オートマチックオイルは20,000km以内で交換するようにしているので、中古車でも長く使えています。

 

ヴィッツの中古車の中でもおすすめしたいのは、このSP13です。

 

実際に、一般道路で長距離を走った時に気づいたことですが、1リットルあたり24km走行が可能でした。

 

これは、1000ccのヴィッツと違い、オートマチックミッションがCVTになったからです。一般道路で1リットルあたり約4kmは違ってきます。

 

ヴィッツの1,000ccと違って、力があり燃費がとても良いのが特徴です。急な上り坂でエアコンをつけて走行しても、音は気にならず、力も変わりません。

 

これは、限りなくハイブリットに近いデータと言えます。

 

私は、CVTのオートマチックミッションを積んでいる車両で、あまり車両重量が重くない中古車をおすすめしたいので、ヴィッツ SP13は特におすすめです。

 

新型ヴィッツは、車が大きくなってきているので、車両が重く燃費も1リットルあたり、1kmから2kmほど違ってきます。

 

燃費以外の良い点としては、新型ヴィッツよりも小回りがきく事と、前の視野が良い事です。

 

◎ヴィッツの値引きの為に読もう。
ヴィッツの値引きに役立つもの